公的機関で国金を借りられる?手続き方法について

公的機関でお金を借りるためには、資金条件などの一定の条件を満たしている必要があります。収入が低い・貯金が少ない・土地などの資産がないといった条件です。逆に言えばそれらの条件を満たしていれば無利子もしくはとても低い金利で役所・国金からお金を借りることができます。手続きの場所は福祉事務所となりますが、区役所でも受け付けていることがあります。福祉事務所の場所は市役所の施設内にあることが多いものの、独立しているケースもありますのであらかじめ調べておきましょう。

 

よく誤解されていますが、生協は公的機関ではありません。民間企業にあたります。公的機関でお金を借りる場合にも当然ですが審査があります。大切な国の税金が使われるので、本当にお金に困っている人が対象です。民間のローンと異なる点は、民間ローンが収入が高い人ほど借りやすいのに対して、公的機関の貸付は逆に収入が低い人ほど借りやすいという点です。最後の手段として生活保護がありますが、これは貸し付けではなく支給ですので返還する必要がありません。本当にお金に困っている人は無利子貸し付けや生活保護の制度を利用しましょう。まずは福祉事務所や行政サービスで相談をして指示に従ってください。

トップへ戻る