総量規制対象外なら銀行系カードローン!専業主婦でも安心

多くの金融機関でお金を借りるには、法で定められたルールの他にも各自業者が独自に定めた利用規約があり、条件として一定以上の年収があることが求められており、専業主婦の方がお金を借りたいと考えた時にネックになるのがその年収の問題です。

 

しかし、昨今の銀行系カードローンなどでは個人の年収だけではなく世帯年収が審査基準となるため、一定の収入がある旦那様がいらっしゃる専業主婦の方であれば審査に合格する可能性が極めて高くなっています。

 

その一端となるのが申し込み用紙や公式ホームページの申し込みフォームで、ご本人以外にも旦那様を含めた同一世帯で暮らしているご家族の年収を合計した世帯年収を記入する欄があります。

 

ただし、ここで注意しなければならないのが総量規制で、貸金業法により年収の3分の1までしか融資を受けられないという規制があります。元々銀行系カードローンは総量規制対象外でしたが、2017年ごろから各社自主規制が始まり総量規制対象となりました。

 

もしも旦那様が他にローンを組んでいたところへ専業主婦の奥様が銀行系カードローンを申し込んだ場合は旦那様の年収や借り入れ状況も審査の対象となります。
逆に旦那様が他にローンを一切組んでない場合は、高確率で専業主婦の方がお金を借りることが可能です。

トップへ戻る