年金受給者でもカードローンやキャッシングでお金を借りる方法

年齢を重ねるほど急な冠婚葬祭に呼ばれるケースが増える傾向にあり遠方への交通費や宿泊代に加えてご祝儀やご霊前など大きな費用負担となりますが、年長者であればこそ参加しなければならなかったり一定の金額を用意しなければならず困ってしまうケースがあります。

 

お仕事を持っている頃ならばカードローンやキャッシングの利用を思いつきますが、年金受給者となればそれらのサービスを利用できるのか判断できずに困った経験をした方も少なくありません。多くのカードローンやキャッシングの利用条件には安定した収入があることとされているサービスが圧倒的大多数ですが、その対象にはお仕事による収入だけではなく年金が含まれているケースもあります。

 

特に年金は厳しい財政から運用の危機が叫ばれているものの、これまで事実上破綻した例は無く信頼性が高いことからカードローンやキャッシングの審査では安定収入のひとつとして扱われています。最近のカードローンやキャッシングの申し込み用紙にある該当する職業に印をつける欄には公務員や正社員と言った職業と並んで「年金受給者」という項が用意されるようになりました。

 

もっとも融資額はお仕事を持っている方と比較して小額になってしまいますが、年金担保でさらに高額な融資を受けることも可能です。

トップへ戻る