起業や独立したてのフリーランスがお金を借りるのにするべきこと

会社勤務から離れてフリーランスとして独立した人、その他起業により自営業となった人などは、会社などの法人とは異なり、個人事業主としての扱いとなります。このような個人事業主がお金を借りる方法には、一般的な個人向けのカードローンやキャッシングに頼る方法と、ビジネスローンなどの事業向け融資に申し込む方法とに分かれます。個人向けのカードローンなどの場合は、一部の例外を除き、事業性資金での利用をしないことが条件に掲げられていることがほとんどです。

 

したがってこの場合はあくまでも生活資金として借り入れ、事業には回さないことが必須となります。その上での申し込みですが、法人に比べて、また公務員や大手企業のサラリーマンと比較して、収入が不安定で信用力に欠けると判断されてしまえば、審査をパスするのが難しいといえます。そこで直近の収入証明書などでいかに信用をアピールできるかどうかが鍵となります。ビジネスローンの場合は逆に事業のための資金としてお金を借りることが目的です。趣旨からいっても個人事業主の場合も申し込みは認められますが、事業計画書の提出など、将来的な見通しが明確に示されているかどうかが審査のポイントです。

トップへ戻る