学生がお金を借りる方法を紹介します。

金融機関から融資を受ける場合には、ある程度の安定収入が必要ですが、銀行のカードローンやキャッシングを利用すれば収入が少ない学生でも融資を受けられることがあります。カードローンは、銀行が発行するキャッシュカードを用いてATMからいつでも現金を引き出すことができるサービスです。自分の必要な時に引き出して自分のリズムで返すことができるため、返済の計画を立てやすいのが特徴です。

 

大学生はもちろん、パートやアルバイトでも利用可能な場合が多いです。収入が少ない場合には、限度額が低く設定されることがありますが、審査事態に落ちる可能性は低いでしょう。また、クレジットカードのキャッシングを利用する場合は、クレジットカードの申請が必要ですが、こちらはよほどのことがない限りは審査に落ちる可能性は限りなく低いです。キャッシングを利用しても、月々の返済額は数千円程度で済むので、緊急で必要な時にありがたいシステムです。

 

その分、残高がいくらなのかを把握することが重要になります。カードローンやキャッシングは総じて金利が高い傾向にあります。審査に通りやすい分、利息は高く請求されるというシステムなので、残高を把握しておかないと、手数料だけで思わぬ出費となる場合があります。

トップへ戻る