兄弟や祖母からお金を借りる時にするべき手続き

身内からお金を借りるには、なぜ・誰のためにお金が必要なのかといった明確な理由が必要です。

 

例えば、「自分の子供の進学のためのお金がすぐに工面できない」「祖父・祖母などの急な入院で急遽まとまったお金が必要になった」などといった理由です。理由によって、誰に相談をするかも変わってきます。子供に関わることならば第一に旦那に相談するのが筋でしょう。

 

旦那に相談してもお金が工面しきれなかった場合は、両親・祖父・祖母に相談し援助してもらう必要があります。この時は旦那と一緒に相談にいき、お金が必要な理由のほかに、いくら必要なのか・なぜ工面できなかったのか等相手が納得できるよう話す必要があります。

 

また、祖父・祖母のことでお金が必要なら、自分の兄弟に相談するべきでしょう。仮に、「自分はおばあちゃん子で大きくなってからも縁が続いていたり、世話を任されたりしていたけれど、他の兄弟とおばあちゃんは疎遠になっていた」などといった現状があったとしても、事情・状況を伝え、お金の相談をするべきです。自分ひとりが深く関わっていたからといって抱え込む必要はないのです。

 

このように、身内からお金を借りることは簡単ではないでしょうし、明確な理由が必要不可欠です。理由がはっきりしていなければ、お金を借りることができないばかりか、家族の関係を崩してしまいかねません。

 

上司や同僚など会社にいる身近な人にお金を借りる方法

給料日前にお金が足りなくなって、恋人や親しい友達からお金を借りたという経験がある人は案外多いのではないでしょうか。しかし、昔から「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、どんなに近しい間柄でも借りたお金に対しては借用書を書くべきでしょう。何故ならお金を借りた相手が例えば異性の知人程度の間柄で、借りた理由もたまたま持ち合わせがなかったというような理由ならば、親しくないからこそすぐに返済をしようという意思が働くものです。これが会社の同僚や先輩、上司といった場合でも、返済しなければ評価が下がる恐れがあるのですぐに返す傾向にあります。

 

しかし、これが恋人や親しい友人、更に金額も数千円程度とそれほど高くない場合は、つい忘れてしまったり、覚えていても甘えが出て借りたままにしておくということが少なくはありません。貸した方も親しい間柄だからこそ催促はしにくく、特に恋人となると、お金の返済の催促をして嫌われたらどうしようという気持ちが先に立ち、なかなか言い出せないことが多いのではないでしょうか。身近な人からどうしてもお金を借りなければならなくなったら、まずは返済の期限をきちんと相手に伝えた上で借用書を書くように心掛けましょう。

トップへ戻る